Voice参加者の声

一覧へもどる

M.Aさん カナダ

トロント大学の学生たちとの交流をきっかけに大学職員の道をめざしました。

カナダ

氏名:M.Y(26)
性別:男性
参加プログラム:ワーキングホリデー

  • 渡航動機について教えてください。

    海外に行こうと思ったきっかけは、大学院を出て就職した後、夏休みに初めて外国人の友人(カナダ出身の韓国人)ができたことです。このまま海外経験のないまま一生を終えるのかと考えた時、自分は海外経験をしたいと思い退社して渡航しました。これからの人生で1年空くことはないので、「楽しみたい」というのが1番の目的で、語学は楽しむためのコミュニケーションツールとして2番目に位置付けました。

  • 渡航前の就業状況を教えてください。

    専門商社(服飾関係)に就職し、営業アシスタントをしていました。業務内容は、営業が受注した服(ブランド)の仕事を受けて、その服を作るのに必要な生地・ボタンを発注し、中国工場に製作依頼して仕入れ、市場に出すというものでした。

  • 現地では主にどのような活動をされましたか?

    語学学校(6カ月)

    トロントの語学学校に通いました。英語が第1目的ではないので、日本人も外国人も分け隔てなく付き合いました。困った時は日本人が頼りになるし、出国前にカナダに居住経験のある友人に現地の日本人の知り合いを紹介してもらったのも心強かったです。

    アルバイト(3カ月)

    アルバイトでは英語を伸ばすことを大前提とし、お客と接して会話ができるレストランのサーバー職を選択しました。英語ができれば職業選択の幅も広がると考え、外国でしかできない英語でのコミュニケーション、異文化を知ることを伸ばすように意識しました。

    ランゲージ・エクスチェンジ

    トロント大学で月1回、ランゲージ・エクスチェンジに参加し、日本語やアジア専攻のトロント大学生と交流しました。会話は日本語中心でしたが「日本のこんなところが興味を持たれている」など見聞を広げることができました。また、このイベントに参加したことが、大学職員を希望するきっかけとなりました。当時のメンバーとは今でも交流しています。

    旅行(ニューヨーク、ケベック、カルガリー、モントリオール)

    これからの人生でこのように時間のあることは2度とないと考え、今できることを最大限に楽しみ実行しするために、常に行動していました。

  • 現地での居住環境について教えてください。

    ホームステイを1カ月しました。シェアハウス(2カ所、計8カ月) 1軒目はカナダ人オーナーとアメリカ人とのシェアで良環境。2軒目はフィリピン人オーナーのシェアハウスでケニア人、ケーマン諸島の人とシェア。安いが地下室でネズミに苦労しました。

  • 帰国後の就職活動の方法について教えてください。

    就職サイト、人材エージェントに登録、Global ACE Web講座を視聴、いろいろな業種のコネクションをあたる、足を使った就活を行いました。大学職員を志望していたので、大学のキャリアセンターに足を運び、色々な話を聞きました。仕事の内容を聞いて調べ、自分の求める仕事かどうか確かめました。その中で卒業後3年未満なら新卒扱いと知り、母校や他大学に応募しました。母校ではホームページからOB訪問を申し込んだり、キャリアセンターの人から職員を紹介してもらいました。その結果、母校の職員に採用されました。

  • 海外就業体験をどうアピールし、何が評価されましたか?

    自分の足を運んで直接集めた情報があるから自信を持って面接に臨めました。母校の理工学部大学院卒なので、研究関係の部門で母校を世界に広めたいという希望をもっていました。結果として、採用はグローバル教育推進室に配属されました。海外での経験が評価されてこの部署へ配属されたと想像しています。

  • 帰国後から就職決定までに要した期間を教えてください。

    3ヶ月半です。

  • 就職活動の満足度とその要因を教えてください。

    満足しています。その要因は、ギャップをなくす努力ができたことです。内容も分からず就職した前職の反省をふまえて、自分の望んでいる仕事かどうか、足を運んで職員の話を直接聞いて調べました。企業で大切なことは、組織でどんな存在になりたいかということ。今は母校を世界に広めたいという志を遂げるためにキャリアアップしたいと思います。嫌なことも苦にならないほどのモチベーションがあります。

  • Global ACEのサポートについて教えてください。

    話すことに苦手意識がある自分に「喋った感じの人柄がよさそうだから」と肯定的にとらえてもらえて嬉しかったです。「面接でうまく話せなくても、相手はどれだけ調べてきたかを話している感じで分かる」と言われたのが励みとなり、自分は誰よりも大学の事を調べようと心掛け、直接出向きました。また、日本の社会は、はみ出ると這い上がれないと消極的に考えていたが、友達からも「お前のキャリアは見かた次第では良くなりも悪くなりもする」と言われ、自分は逆に他の人を歩んでないキャリアを売りにしようと思いました。そんな時、Global ACEのセミナー動画を見て、「自分はこういう(退社して海外に出る)選択をしたのだ」と気楽に考えることを学び、どうしても大学に就職するんだとモチベーションを上げました。自分のキャリアを最大限に利用しようと邁進し、望みどおりの就職を勝ち得ることができました。

就職決定おめでとうございます

  • 就労先(業種、職種など)について教えてください。

    母校の学事局。グローバル教育推進室。担当業務は留学サポートで、海外の提携校に学生を送り出す業務。学生の相談にものっています。

  • 海外就業体験が仕事にどのように活かされていますか?

    日本食レストランでの仕事を通して、「聞くこと、聞かれることは限られている」と悟ることができました。どんな仕事でも覚える事には限りがあることが分かったので、経験不足による無知を怖れなくなりました。

  • 海外就業体験を今後どのように活かしていきたいですか?

    1つの仕事で覚えることに限りがあることはわかっているが、学生の質問に対する先輩の話を聞いていると知らないことが多いので、海外で身につけた積極性を武器に様々な経験を積んで必要な知識を増やしたいです。

▲ ページトップへ